犬が食べてはいけない物



犬には食べれないものがあります。



犬が食べてはいけない物を紹介します。
人間が食べても大丈夫な物でも、犬にとっては中毒や内蔵疾患などを
引き起こす食品が多数あります。下記の食材を取り扱う際は注意が必要です。

 



●ネギ類

ネギ、タマネギ、ショウガ、ニンニク、など。

ネギ類に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」という物質によって中毒症状を起こします。
赤血球の破壊による貧血、下痢、嘔吐、血尿などの症状が出ます。
摂取量が量が多い場合は内臓疾患にもなります。



●チョコレート・ココア
カカオの「テオブロミオン」という物質によって中毒症状を起こします
人間には無害ですが、心臓血管や中枢神経に作用する物質が含まれています。

下痢、嘔吐、動悸、痙攣、昏睡などの症状が出ます。摂取量が多い場合は死亡します。



●カフェイン
お茶やコーヒーに含まれているカフェインには、中枢神経興奮作用があります。
適度な量は人間には大丈夫ですが、犬には危険な物質です。




●タコ・イカ・カニ・エビ・貝類
消化不良を起こしやすい。
血が出ない食材は、犬や猫には食べささない方が良いと言います。




●生卵の卵白
大量に摂取すると、卵白に含まれる「アビジン」という物質によってビオチン欠乏症になり、
皮膚炎の症状が出ます。

全卵、又は加熱処理をすれば問題は無いです。




●牛乳
個体差がありますが、下痢を起こします。

よくテレビなどで子犬に牛乳を与える描写がありますが、子犬は体調を崩す恐れがあります。
与える場合は犬専用の牛乳を与えて下さい。




●人間の食べ物・塩・香辛料
犬にとって人間の食べ物は刺激が強いです。

ドッグフードを食べさせていれば、犬に必要な量の塩は含まれているので、それ以上摂取する必要はありません。

香辛料も、犬にとっては必要の無い食材です。
食べて直ぐに中毒などにならなくても、過剰な摂取は心臓、肝臓に負担がかかり、
肝臓障害、高血圧症、感覚麻痺を引き起こす原因となります。

カレー、わさび、唐辛子、コショウ、マスタードなどを扱う場合は注意しましょう。
特にカレーには玉ねぎも入っているので、要注意です。




●ぶどう・レーズン
犬に与えてはいけない物の中で、ぶどう、レーズンはあまり知られていません。

明確な原因がまだ解明されてはいないのですが、大量に摂取すると中毒症状が起きる事だけ
分かっています。中毒の可能性が有る食材は、なるべく避けた方が良いでしょう。

急性腎不全を発症し、死に至る場合もあります。




●キシリトール
犬はキシリトールを少量でも摂取すると、低血糖を起こす場合があります。
インスリンが分泌され、血糖値が下がり、命に危険が生じてしまいます。
急性の肝壊死の可能性もあるそうです。

ただ、数年前まではキシリトールが含まれる犬用の商品が店頭に並んでいました。
その商品を食べていた犬達が上記の症状に陥ったかは不明です。
少なくとも、我が家の犬にはそのような症状は見られませんでした。

しかし、危険性が有るのでキシリトール配合のガムなどには注意した方が良いでしょう。



 

 

 

 

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes